ソフトバンクホークス ドライブライン ベースボールのスタッフを呼び寄せる

ホークス

日本球界初の取り組みとなるトレーニングプログラムをさっそく取り入れるようだ。

ドライブライン・ベースボールとは、医師・トレーナー・フォーム分析の専門家が常駐する施設。

体中にセンサーを装着してモーションキャプチャーを使い、フォームのデータを取り、肩の回り方や関節への負荷などを調べる作業を繰り返し、理想のフォームを完成させていくそう。

重いボールで負荷をかけつつも、専門家が適切なフォームを指導していき、

ケガしにくい体と球速アップを目指していく。

MLBで 流行っているようですが、これをいち早く取り入れていく、ソフトバンクの柔軟な姿勢が素晴らしいですね。

新しいコーチも受け入れていきながら、外部から新しい練習方法も持ち込んでいくのは大変でしょうけど

勝つための施策を貪欲に求めていくチームの土壌があるなとあらためて感じました。

三笠GMは、やり手だなぁ。。

豪腕左腕の古谷なんかが、こういった技術でブレイクしないかな妄想してます。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }