日本S 巨人戦 6-3 最高のピッチングだった高橋礼とほころびを突く力

ホークス

メルセデスと高橋礼のピッチングは、最高峰の日本シリーズで見ることができる投手戦。

両投手ともすばらしいコントロールで凡打の山。

しかも、投球間隔が短くて、先発投手がゲームを支配している質の高いゲームだったと思います。

巨人は、5番に入っていた阿部がまったく高橋礼を打てず。

DHで起用する阿部が打つことで、パリーグのホームゲームで優位性を作るというプランが、この試合では逆効果になっていました。

中継ぎ投手戦なら望むところ思っていた7回、わざわざ守備固めで出した山本がエラー。

このエラーを足掛かりに3点。

しかもこの先制点に絡むのは周東というところが、ホークスの勝ちパターン。

松田の一発も素晴らしかったが、グラシアルが調子いいので、粘っていると、流れがこちらに来た時に決めてくれる。

森は、復調するかなぁ。

カットをとらえられていたのは気になる。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }