ソフトバンク 徹底して野手指名した流れ

ホークス

ドライチで、佐々木に目を奪われず、石川内野手を指名。

ここを外すも、即戦力社会人投手の河野に行かず、佐藤外野手を指名。

ここで、右打ちの野手を意地でも取りに行くという強い意志を感じました。

2位では、捕手をまさかの指名。

取れるときに捕手を取って、栗原をファーストにコンバートして育成することを考えているのか。

(栗原もまだ1軍レベルに到達しているわけではないが)

そして3位の津森が、ソフトバンクらしい。

速球派のサイドスローの投手で、即戦力の中継ぎをイメージしているはず。

今年の甲斐野みたいに、即戦力のリリーバーを取れると、戦力の底上げが確実にできる。

そして4位の小林も内野手にコンバートできる素材。

最後まで右打ちの野手にこだわっていたと思う。

今年から3軍制を敷く西武が、ソフトバンクが育成枠で取ろうとした選手も持って行ってしまった感はある。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }