楽天戦 2-6 チームの疲弊感がすごい

ホークス

初回のみ ふらついていた美馬から、この回に逆転できなかったことで、試合が後手後手になってしまった。

松田にフォークを連投して、その場をしのがれてしまい、

徐々に調子を上げられてしまうと、今のホークス打線調子ではどうしようもなくなった。

バッサーそしてセーフティースクイズで決められたシーンは、精神的に大ダメージ。

自分たちやるべき「1点を取りに行く」野球を相手にやられる。

そして、先発が早い回に打たれて、中継ぎが連投で出てくる。

さらには、どの投手もキレが無くて僅かなコントロールミスが痛打につながる。

打線はこんな調子だし、投手も疲れている。

疲弊しきったチームは、10月5日からのクライマックスシリーズまでに回復するのでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }