日ハム戦 5-7 工藤監督が得意な短期決戦型の選手起用がはまらない

ホークス

和田の好投が目を引いた序盤でした。

左バッターに対する、アウトコース低めに決まるコントロールがすばらしく、

あの近藤からでさえも、見逃し三振を奪うほど。

ホークスの先制点の取り方にもニンマリ。

柳田の打球は、いまだ上がってはいかないですが、鋭い打球でチャンスメークをすると

松田がきっちり甘い球を捉えて、タイムリー。

今シーズンなかなかできなかった、本来のホークス打線らしい点の取り方で、良かったと思います。

歯車が狂い始めたのは、調子が良い太田につながれてしまったあと。

嘉弥真は、中田にポテンヒットで痛恨の失点。

高橋純平も、コロコロと野手の間をしぶとく抜かれるヒットでつながれ、

なんか鋭く打たれたわけでもなく、大量失点したくやしさ。

矢継ぎ早に継投させた監督の戦術を活かせなかったチーム状態がヤバさが、

西武に首位を明け渡したダメージより痛い。
にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }