ロッテ戦 3-4 悔やまれる6回と7回の攻撃

ホークス

ロッテの成長株、種市にもやられ3タテ。

今日は、力負けしたわけではなかったのでいつも以上に悔しかった。

種市の若さあふれるストレートとフォークの組み合わせに、打線がぶつ切れ状態。

それでも、徐々に球威が落ちてきていた中盤で、確実に捉えられ無かったがことが痛かった。

今シーズンイチで調子が上がっている牧原が先頭で出た6回の攻撃。

制球が乱れてきた7回の攻撃。

ここでたたみかけられないと、勝てる試合が無い。

牧原と柳田の打順が離れていたのもまずかった。

ホームランの打席も素晴らしかったが、益田の鋭いシンカーを完璧に見逃す状態の良さに驚いたからだ。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }