ホークス シーズン後半戦の展望

ホークス

[quads id=1]


7ゲームも差を付け独走状態に入ったホークスは、

今後 五分の戦いをすれば問題ない。

とは言っても、グラシアルがいない7月は厳しい戦いが続く可能性がある。

彼を補う能力と可能性があるのは上林だ。

先日の鷹の祭典in東京ドームでの同点ホームランには度肝を抜かされた。

調子の波がある選手ですが、後半戦で高い調子を維持してくれることを期待しています。

先発投手は、期待していた外国人投手がローテにも入れない状態であることは想定外ですが、

和田・大竹・二保らでなんとかなりそうではあります。

問題は中継ぎです。

甲斐野の調子は、一定を保てる手応えがありますが、

松田と武田翔太が試合を崩してしまうケースが相当出てきそう。

そこでキーマンになるのは、森と岩嵜。

特に森が復帰して本来の状態に戻ってくれば、甲斐野と加治屋を早めに使えて、

1点差ゲーム勝率も高まるはず。

そして大事なポストシーズンのゲームでは、

柳田が大暴れしてくれると信じてます。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。
・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }