西武戦3-2 質の良い中継ぎの頭数

ホークス

[quads id=1]


3安打しか打ててない試合なので、本当は勝ってはいけない試合だったのかもしれませんが、

連日の1点差ゲームをモノにしていく試合展開を見れば、

ホークス強さを実感するに至ります。

2回から、十亀が予想以上に復調してしまい、追加点が取れませんでした。

ですが、1イニングづつ任せた中継ぎがいい働きをして

粘ったことが大きかったですね。

まあ西武打線の調子は今ひとつのようですし、

下位打線であれば問題なしという手応えではありましたが。

4回のゲッツーなんかがその象徴です。

ブルペンは、モイネロがいなくて緊急事態の様相ですが、

監督は高橋礼を100球で変えるつもりだったらしく、

若い中継ぎ投手を心底信用しているなと思いました。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました