楽天戦1-0 野手陣は大竹を泣かすなよ

ホークス

初回の表裏を見たところで、

またまた大竹に試練を与えるような試合になるとは思いもしませんでした。

古川の投げる球は高く浮いていたし、大竹の投球テンポは抜群で、

あっという間に点差が広がるように感じたのですが、

どうしてこうも援護点を上げられないのか。

やはり、4番を打たせているデスパイネの迫力がなさすぎて、打線の厚みがなさすぎる。

5回にチャンスを広げたファーボールは、自ら四球を取りにく消極性すら感じましたし。

この後に凡打した松田も相当力んでいたし、大竹が投げるとみんな考えすぎるのかなぁ。

次の試合は、10点取って少しは恩返ししないと。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました