日ハム戦5-1 川島の積極的プレー

ホークス

エース千賀が登板した試合。

先制点を取ると、がぜん優位になると予想される中で、

左ピッチャー対策として1番に入った川島の働きが大きかったと思います。

細かいコントロールが無いと見切って、初球を振り抜いた初回のヒット。

さらに、上原のリズムが単調と見るや、

3盗を決めたプレーで、相手のリズムを崩したように見えました。

3番今宮と4番松田の調子は落ちていないので、

うまくつないで、試合を作る先制打を生み出すことができたと思います。

千賀の出来は、及第点くらいかな。

100球過ぎてすぐ、球威が落ちてしまったことに、疲労感は感じましたが、

千賀なら、この程度に抑えられるのは当然ではないでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました