栃木戦2-1 サイドに蓋が無くガンガン突っ込めた

アビスパ

ファビオのやりたいサッカーを体現できたナイスゲーム。

しかしながら、栃木によるアビスパ対策が甘かったとも感じました。

ターンオーバーで起用された城後が、ゲーム序盤から裏を抜けてチャンスを作れば、

鈴木惇や草民から、少ないタッチでサイドの裏を突くパスも多く出てました。

千葉戦でもこのパスを出したかったのでしょうけど、

惇へのプレスがきつかったですし、サイドのスペースも埋められてました。

しかし今日は、ここにスペースがあり、輪湖と松田が受けて、

早く中央にクロスを多く出すことが出来ていたと思います。

石津も横ではなく、縦へ勝負してPKをゲット。

各選手から、もう負けられないという気持ちと積極性を感じ取れました。

ただ、繰り返しになりますけど、

栃木の守り方が今のアビスパに合っていただけとも感じたところです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }