ロッテとダイエーが合併していたならば

ホークス

日刊スポーツが特集し、改めて公開されたこの文章。

ダイエーとロッテに対し、他の4球団連名で出されたものが、赤裸々すぎて恐ろしい。

結果的に、当時のダイエーが反発してこの統合はなされなかったのですが、流れに身を任せて もしも実現していたなら、プロ野球のマーケットは縮小していたに違いありません。

この10年後、巨人絡みの放映権の蜜もなくなり、10球団で慌てふためくことになっていたでしょう。

結果として、ダイエーの抵抗が今につながり、楽天とソフトバンクというメディアに強い球団ができ、地域密着型球団が成功するパ・リーグ型の繁栄を享受できることとなりました。

もしかすると、福岡では地元球団を応援できることができなかったかもしれませんし、プロ野球のマーケットがしぼみ、スポンサーの兼ね合いから、WBCのアジア予選も行われないような日本であったかもしれません。

パ・リーグは、もっと拡大路線に走り、プロ野球を引っ張っていって欲しいです。

台湾リーグとの統合なんてのはどうでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }