適材適所

スポンサーリンク
アビスパ

金沢戦2-1 選手をできるだけ代えながら、そして適材適所で

金沢は、ボールを前に前に運ぼうとする意識が徹底されていて、怖かった。 特に、加藤のところでゴールに迫られ、危ないシーンを連発。 三國は、またも目の前でかわされて失点してしまったが、それ以外のプレーは及第点で、 グローリと並んで守れば、高さの優位性は抜群だった。 今日は、遠家と木戸コンビだったので、裏のスペースを狙いたかったが、 相手DFの位置深く、セカンドボールの処理で負け続けた前半だっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました