調子

スポンサーリンク
ホークス

ロッテ戦10-4 デスパの調子に

デスパイネの調子とチームの打線の好調さがリンクしているような気がする。 今年は、柳田と栗原が孤軍奮闘といった感じで、二人の負担が大きすぎた1年だった。 特に、柳田への攻めが厳しくて、柳田の弱点をしつこく攻めてくるシーンを多数見てきました。 それは前後を打つ打者の弱さがあったと感じるのです。 今日は、デスパが一発を含めて2安打の活躍。 そうなると、周りの打者も打ち始めて...
ホークス

西武戦7-8 戦力の脆さ>調子の良さ

デスパイネの逆転打は、ある意味奇跡的でチームの勢いをさらに加速するような結果でしたよ。しかし、投手陣の整備されていない脆さが露骨に表に出てしまい、敗戦に直結してしまった感じです。東浜を使えずに、杉本で勝負するしかなかった先発投手。そして、直球の勢いが戻らず、病み上がりの森。首位を狙えるかもと興奮する実況中継のアナウンサーのセリフが、なんとも言えない虚しさをそそります。森は、経験があって度胸もあるか...
ホークス

西武戦9-0 甲斐 調子がV字回復

1試合休んだだけで、急に復調してきた甲斐。この短い休みが、急激な復調に繋がっているとは思わないけど、首脳陣は、もう少し休ませながら甲斐を使って欲しかったな。V字回復と書いたものの、その谷の部分が深すぎましたから。今日の試合は、西武も先発ローテーションが苦しいことがはっきりした試合。今年のニールをここまで引っ張る必要があるのだから。基本的に、今のホークス打線は、調子が良い方だから、ニールがベルト付近...
ホークス

周東が調子を上げてきた

今年は、調整のペースを落とさざるをえませんでしたけど、ここにきて調子を上げてきた感じ。 甘い真ん中ストレート系の球を捉えて、テラスにイン。 力もつけてきているのが心強い。 今日のオープン戦で固まったことは、 周東をセカンドで起用することと、 笠谷の先発ローテ入りだな。 ・ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。
ホークス

楽天戦7-3 今は打線の調子が上向きで

ここのところ、下位打線からつながって点を取れることが多く、点が線になって、打ち勝つゲームが続いている。地力を見せての6連勝で、シーズン首位も近づいてきたとおもう。苦手としていた塩見でしたが、今日は球が高くて、各打者が振り切っての連打につながりました。初回に走ってきた鈴木を刺した甲斐キャノンで、チームは流れを掴みましたし、9本目となる一発を放った甲斐も下位打線の軸になっていると感じます。松田もようや...
ホークス

オリックス戦5-10 調子よいのに、精神的に破綻

武田が、初回の最初の2人に投じた内容は抜群でした。きちんと内外角に制球され、生命線のカーブでストライクがとれていましたので、このままずっと投げてくれるものと思っていたのですが、3番の安達にヒットを打たれ、4番の吉田を迎えると、もうだめ。昨日までの試合で打たれている吉田を警戒する気持ちが強すぎるのか、完全に逃げの投球内容。たったこれだけのステップで、あっさりと自分のリズムを見失うとは、プロではない。...
ホークス

CS西武戦 9-3 ホークス打線の調子が最高になった巡り合わせ

このシリーズをマスコミが振り返ると、 西武の投手が打たれすぎという評価になるのでしょうけど、 ホークス打線が、たまたまいい感じで、このクライマックスシリーズのときに調子がもどったと思う。 牧原や長谷川がこんなに結果を出せるとは思わなかった。 シーズン終盤の打線はひどかったですから。 そのことで、西武にリーグ1位をかっさわられたことになったのですが、 結局ポストシーズン時の調子の差で、ホ...
ホークス

オリックス戦 3-3 バンデンハークの調子とクライマックス先発予想

序盤3回までは、伸びのある球がコントロールされていたので、調子は悪くなさそう。 4回以降は集中力の問題があったかな。 今年は疲労蓄積もないでしょうし、ポストシーズンでフルに投げて欲しいと思ってます。 復帰後のバンデンハークの調子の良さだと、彼が3枚目になりそう。 土曜日 千賀 日曜日 高橋礼 月曜日 バンデンハーク 火曜日 試合無し 水曜日 和田 木曜日 石川 金曜日 千賀 ...
ホークス

楽天戦 12-3 調子上向きグラシアル

エラーはあったけど・・ グラシアルの調子は上々のよう。 パンアメリカであまり打率を残せておらず、帰国直後もなかなか結果を残せなかったので心配していたのですが、 今日の1打席目では、則本の厳しいストレートを見逃し、変化球をうまく右打ちで合わせてナイスバッティング。 2打席目も、軽く振ってスタンドイン。 調子が上がってないとできなさそうな打ち方だったので、とても心強い。 ...
ホークス

日ハム戦6-3 相手の調子の悪さに救われた3連戦ではなかったか

清宮そして中田の状態がどん底だったことに助けられた3連勝ではなかったでしょうか。 立ち上がりの和田は、抜群のキレ。 左バッターに対する外角いっぱいのストレートには、ほれぼれとするものがありました。 ところが、4回くらいから球威が落ちてきて、後は日ハム打線の拙攻頼み。 前述の二人を無理して使ってくれているのが、相当に助かりました。 ものすごく投手のやりくりに気を使っ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました