巨人戦

スポンサーリンク
ホークス

巨人戦13-2 パリーグの5球団に捧げる大勝

日本シリーズの試合で、ゲーム中に主力を下げるのは、初めて見た。先発の石川は、またっく巨人打線を寄せ付けない内容。石川のパワーカーブを初めて見た打者は、空振りばかり。横にボールを動かすと、曲がりすぎてコントロールがつかなかったが、総合的に次元の違うナイスピッチング。デスパイネの満塁ホームランは、相手の息の根を止めると言って間違いない当たり。打った瞬間走らないでスタンドインを見送ったのがかっこよすぎる...
ホークス

日本S 巨人戦 4-3 広いストライクゾーン、グラシアルの選球眼

満を持して登板させた菅野は、力強さが無かった。ただ、制球力は抜群。左バッターのインコース低めに、きちんとスライダーを投げ入れるコントロールがすごすぎた。しかも、今日の球審のストライクゾーンの幅が広かったので、菅野のコントロールピッチが効きまくり。かなり苦労したとおもいます。それでも、今の好調ホークス打線は違う。少ないチャンスがグラシアルに回ってくると、彼の選球眼が光りました。外に逃げるボールをギリ...
ホークス

日本S 巨人戦 6-2 中継ぎ・代打・采配、いろんなことが優っている

先発したバンデンハークの出来はイマイチ。カーブが入るようになったのは4回から。ナックルカーブの制球も微妙。今日の出来で100球まで投げさせていたらなら、6回4失点くらいの内容だったか。それにしても、巨人の先発は、シリーズ3番手の内容ではない。球は浮いているし、逃げの気持ちが垣間見える弱々しいピッチング。3回に川島へ四球を出すと、今宮からは腕が縮こまっていた。巨人の投手リレーは、戸郷ではなく、中川を...
ホークス

日本S 巨人戦 6-3 最高のピッチングだった高橋礼とほころびを突く力

メルセデスと高橋礼のピッチングは、最高峰の日本シリーズで見ることができる投手戦。 両投手ともすばらしいコントロールで凡打の山。 しかも、投球間隔が短くて、先発投手がゲームを支配している質の高いゲームだったと思います。 巨人は、5番に入っていた阿部がまったく高橋礼を打てず。 DHで起用する阿部が打つことで、パリーグのホームゲームで優位性を作るというプランが、この試合では逆効果...
ホークス

日本S 巨人戦 7-2 勢い付ける1番牧原の攻守

千賀の落ち着きとメリハリある投球が見事。阿部に先制弾を打たれても、動揺したのは次のバッターまで。空振りを取るために大きく曲げるフォークと、目先を変える小さく曲がるフォークを使い分け、力まずに淡々と投げ切れる精神的な強さも増しているように思える。山口もいいピッチャー。柳田は落ちる球に全く合ってなかった。短期決戦の鬼、工藤監督の判断が良かったのは7回に周東を代走に出したところ。早めの起用で勝負をかけた...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました