アビスパ

スポンサーリンク
アビスパ

悪い予感しか感じられないJ1 順位表

アビスパの負け越し数は1しかないので、もうちょっと余裕があるのかと思っていましたが、プレーオフ圏内までの勝ち点差は、たったの3。そして、アビスパの下位には、これから状態が上がってくるであろう実力クラブばかり。今のところアビスパよりも下位に位置している、名古屋・磐田・清水・浦和・神戸と直接対決をして勝てる自信は正直ない。アビスパのカウンター型サッカーだと、引いて守る下位に位置するクラブには相性が悪い...
アビスパ

川崎F戦0-2 遠野おめでとうと言う、負け惜しみ

川崎は、前線の外国人のボールキープ力を活かして前への突破を図り、アビスパの守備の間を狙って縦のパスを入れてきました。前半は、フアンマと山岸の守備が効いて、相手のミスを誘い出してのカウンターができていたのですが、失点してからは、余裕を持って守られてしまい、順位どおりのゲーム展開に。去年の金星があったので、諦めずに応援したいところでしたが、ちょっと気持ちが折れかけましたね。ボールを持たされたら、逆に何...
アビスパ

アビスパ2021年度決算を見て

先週、川森社長より、前年度決算の説明がありました。 売上額は、前年度比約3億円増の21億3200万という結果に。 コロナの影響が強く残る中でこの数字は、すごく立派なものだと思います。 しかしながら、この増収という結果を出しながらも債務超過という状況ではあるようです。 これは、増収分以上を選手人件費に充て、5年周期を終わらせるべく積極的な補強戦略を取ったからだと思われます。 そして、今年度...
アビスパ

湘南戦0-0 サイド閉じられ、スペースも無し

アビサポ全員が、フラストレーション100%だろう。 瀬川の退場があろうがなかろうが、アビスパのアドバンテージを感じるシーンがほとんどなかった。 谷の広い守備範囲を活かして、高いポジションを取ってきた湘南に対して、ロングボールの打ち合いとボールロストを繰り返すことばかりになってしまった。 サイドを閉じられ、中に良いクロスを上げられない。 サイドの選手のボールタッチが多すぎて、シンプルなチャン...
アビスパ

FC東京戦5-1 山岸が躍動

前節でガンバに圧勝し上位につけているFC東京を、アビスパが相手にしないほどの快勝となる5得点。前回の昇格時から続く相性があるとはいえ、ここまでのゲームができるとは予想できませんでした。FC東京は、後ろからビルドアップしていく形にこだわりますが、そこにアビスパの前線からの守備がピタリとハマります。しかも相手は、ボール離れがあまりに早くなく、何度も相手を囲ってはカウンターという形を作ることができました...
アビスパ

みんなでアビスパ4月のMVPを決めよう

4月の前半はチームの調子が明らかに落ちていて、アビスパの良さが失われていた試合が多かったように見えました。 ただ、広島戦が底だったようで、徐々に去年までの良かった時期の流れができつつあり、ショートカウンター等で攻撃のリズムを作れるようになっていたと思います。 4/1(金)19:00 J1第6節 福岡 0 - 0鳥栖 ベススタ 4/6(水)19:00 J1第7節 福岡 0 - ...
アビスパ

京都戦1-0 北島・前嶋のナイスなプレー

リーグ戦の試合間隔が少し広かったこともあり、チームの意識は変わっていたと思います。 パススピードをできるだけ速く、そしてディフェンスラインを高く保つという意識が徹底され、守備陣形がだいぶコンパクトになっていて、セカンドボールの回収率も上がりました。 何より目立っていたのは北島。 ルヴァンで結果を出して掴んだ先発の座は、決してお試しの起用とかではなく、相手との接触にも負けない力強さと中央に切り...
アビスパ

声出し応援解禁に向けて

週末のサッカー観戦で非日常を感じるのは、腹の底から声を出して応援することであった私にとって、納得はしているもののモヤモヤして試合を見ている。声出し応援が解禁されているACLの浦和の応援が素晴らしかった。Jリーグでは、絶対にダメ。太鼓のリズムでチャントが分かる時に、心の中で歌うのがちょっとつらい。声出し応援を少しづつ解禁しようとしても、それをすごく嫌がる人がいることを理解しないといけない。声出し応援...
アビスパ

C 大阪戦0-0 誰が点を取ってくれるの?

前節に比べれば、チャンスがそれなりにあり、枠内シュートがあったものの、ゴールネットを揺らす気配は無し。フアンマとルキアンのダブルFWというカンフル策を行った意図は解かる。しかし、決められない。ルキアンには、ゴール前で決定的な仕事をしてほしいと願っているのだが、サイドに流れてボールを受けて、中央に無理やりなクロスという展開になりがちだった。今年は、なにか運の良さも感じないんですよね。積極的なシュート...
アビスパ

広島戦の惨状がなぜ起こったのか

■ルキアンの役割 J2得点王という実績を引っさげ、アビスパが大金を使って引き抜いたのだが、彼の特徴とアビスパの攻めのスタイルが合っていない。 ボールを繋がずに、ロングボールをルキアンに当てて、そのあとのセカンドボールを回収して速い攻めの展開に持ち込みたいのだが、それ1択しかない攻めの形に相手が対応しているし、ルキアンも手を使ってうまくキープしようとするものの、それが彼のアドバンテージではなく、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました