アビスパ

スポンサーリンク
アビスパ

山岸 得点王争いに

清水戦の得点を見直しましたが、クルークスからの早いバックパスを、きっちり足元に置いたトラップがすごかった。 ゴール前の狭いエリアでも、落ち着いてボールを動かせる技術がすごい。 シュートは、トーキックで、日本代表の権田相手でも焦らずにコントロール。 シュートだけでなく、競り合った後にチャンスを作り出せる空中戦の体の寄せ方もうまい選手だ。 気が付けば、得点王争いでチアゴ・サンタナまで3得点差!...
アビスパ

清水戦3-2 アグレッシブなプレーと最高なスタジアムの雰囲気

疲れた。勝てた。逆転した!苦しい試合でしたが、充分に組み合うことができる相手だったと思います。ホナウドと白崎にボールが入ると、そこでしっかり囲んでカウンターを連発。あの位置で、相手を囲うことができる試合が、最近は少なかったので、福岡のゲームができたと言って良いのではないでしょうか。ゲームの最初の方では、清水のサイドの選手のスピードに対応できていなかったものの、中央から縦に速く攻め続けて、相手にリズ...
アビスパ

横浜M戦0-1 中盤の組み立てが皆無

攻撃の策をほとんど見いだせず、ただただ守備的な試合をしようとしていた井原監督末期を思い出した。 前の3人が、攻撃時に最前線に進んでいると、ボランチの両側のスペースを突かれてたびたびカウンター受けます。 この守備のやりようでは、相手の攻撃を囲い込んで奪うことが難しく、チェックがワンテンポ遅れて、ファールで止めてしまう場面も多かったかと思います。 攻撃は、縦ポンサッカーばかり。 それをしっかり...
アビスパ

甲府戦1-2 運動量で完敗、ビルドアップも

週末だけでなく平日も奈落に落とされるアビサポ。 報われる日はいつか来るのか。 どちらがJ1なのか分からなくなる。 パスのスピードは遅いし、展開のリズムを作るパスが出てこない。 ビルドアップの部分でさえ、J2クラブ中位のクラブに負けているのだから泣けてくる。 相手は、後半になっても、全然運動量が落ちていなかった。 しっかりアビスパのボランチを潰され、パスコースを限定してきて、ミスパスを誘...
アビスパ

サカダイを読んでアビスパの戦術を考える

【自陣ポゼッションランキング】 1位 浦和 2位 神戸 18位 福岡自陣で20分以上ボールキープしてポゼッションした上で攻撃を行った回数。その回数は浦和の1/4しかないという。相手陣地に放り込み、敵陣でボールを競ってから攻撃を目指すスタイルも、最近は周りのフォローが遅くてフアンマが孤立しているケースをよく見る。実は鹿島が福岡の一つうえの順位。固く守って、攻撃は素早くという方針が、J1で機能し...
アビスパ

名古屋戦2-3 開き直って戦うしかない

渡を最初から使ったのは、原点回帰の意味で、前から相手選手を囲い込み、早く奪って早く攻めるというアビスパらしさを取り戻そうとした戦術の表れだったのではないかと思う。 ところがキーパーとディフェンダーの声の連携ミスでまさかの失点。 ああいう事故的な失点というのはサッカーではよくあるものの、この大事な試合で出てしまったことは相当痛い。 この痛恨の一点で試合の流れはぐちゃぐちゃになってしまう。 ル...
アビスパ

G大阪戦0-1 頼むから決めてくれよ

ルキアンをサイドに置き、逆サイドのクルークスと合わせて、中央にクロスを何度も供給。ルキアンのボールキープ力も相まって、下手なロストが前線で少なくなり、それなりに機能した戦術だったと思います。が、フアンマが決められない。決められないから、ゲームの最終盤まで、中盤の選手が前線に残ったままで、各選手の立ち位置が間延びして、事故が起こる。これまで戦ってきた上位のチームよりも、ガンバは中盤の寄せが甘くて、ア...
アビスパ

鳥栖とは切磋琢磨する関係だが

フランチャイズの考え方は大事。 健やかなるときも苦しいときも、わが街ふるさとのクラブを応援することで、郷土愛を感じるもの。 久留米市とのフレンドリータウン協定の締結は、これまで なし崩し的に久留米市で活動していた鳥栖の動きにくさびを打った形。 この辺りの考え方を曖昧にすると、ユースの育成・若い選手の採用に影響が出る。 そして、博多駅で鳥栖の広告を見たくないし、佐賀駅や唐津駅でアビスパの広告...
アビスパ

「飲酒運転は、全てを失う」

なんてことをしでかしたのかという怒りの気持ちと、移籍して活躍していた最中のもったいなさで一杯だ。 朝から練習なのに、次の日に残るくらい酒を飲むこと自体が、プロとして失格。 まぁいいやという積み重ねが、警察に見つかるという運の悪さに直結する。 もしかしたら、来年はアビスパに完全移籍をして、Jリーガーとしての地位を確固たるものにしていたかもしれない。 給料も上がったかもしれない。 本人のこと...
アビスパ

鳥栖戦1-1 意地の同点ゴール、相手のポゼッション封じ

前半17分の失点シーンまでは、かなりボールを回され、相手よりも1歩遅れるシーンが多かった。 鳥栖のDFラインから岩崎に縦一本でつながれ、縦を突破されて、危ないクロスを何度もあげられて厳しいシーンが続いてしまう。 そして、サイドを絞れば、中央にパスを通され、痛恨の失点。 この時点までの試合展開が厳しかったので、このゲームを取ることは難しいと感じていました。 しかし、ここから下...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました