守備

スポンサーリンク
アビスパ

栃木戦 1-0 割り切って引いた守備の功罪

夏の過密連戦の最後を、なんとか勝って終えることができたのは何より。 ただ、前半の30分頃くらいからずっと引いて守ることになり、 新加入の松本が、試合をどのようにコントロールするのかの評価もできない試合でした。 アビスパの攻撃で、相手にアドバンテージを作っていたのは、サロモンソンのクロスばかり。 芸術的フリーキックは、速くそしてすばらしい位置に蹴り込まれたもので、世界中のゴールキーパーがクリ...
ホークス

東京V戦1-3 プロの守備ができない選手、藤井ボランチの失敗

前と重廣が出場できず、藤井をボランチで起用する奇策。奇策は奇策でしかなく、ミスと軽い守備で、下位の東京Vから3失点。森本もパスを出した後、走らないで、ボールを前に運ぶ基点になろうとしない動きが散見。前線で威張って、ゴールを決めるだけみたいな立場ではなかろうに。北島も、トップに昇格したときから変わらず守備が軽い。あんなに良いドリブルを持っていながら、連動した守備の足かせになるなら、レギュラーには程遠...
アビスパ

磐田戦1-0 増山の運動量・中盤の守備のバランス

勝利の感動で眠れない! 磐田相手に内容のある勝利だったと思う。 中2日の試合でありながら、各選手ともよく走りきっていました。 前節ではほとんどできていなかったパスの出し手にしっかりプレッシャーがかけられていて、 パスコースを狙う選手も多々いたので、中盤の守備の厚みが増していたと思います。 初先発の増山は、スピードもあるし、運動量も豊富で、昨年のアビスパにはいなかったタイプのサイドの選手。...
アビスパ

中央でパスを通される守備をなんとか立て直してくれ

ルアンから中の選手へのパス。 後半10分の段階で、もうボランチがこの選手のカバーにいけていない。 この後、相手ボタンチへのプレッシャーが弱すぎて、長崎の強力な2トップにパスが自由に出され続けられて苦しくなった。 次は、最後の失点シーン。 中央にいる富樫ヘのプレッシャーがほぼ無く、イバルボのポストプレーにつなげられてしまう。 ホームの長崎戦で勝ち点ゼロでは、昇格レースに届かない。 ...
ホークス

CS西武戦 8-4 監督采配の差 守備の質

去年もスタメンを外れた後の松田は、意地を見せてくれた。今日もそう。パフォーマンスが熱い男だが、心は冷静で強い男だと思う。先制のタイムリーの後も決して感情を表に出さず、試合に集中していた。そういう、勝ちにこだわる真剣さが好きだ。一方、試合の流れは、負けペースできついものがあった。この流れを変えたのは、工藤監督の積極采配だったと思う。シリーズ男の内川に代打を送っての長谷川。この超積極采配が、試合を制し...
ホークス

楽天戦 2-4 今年は守備の綻びが負け試合につながることが多かった

シーズン失策数は57(前試合まで) 昨年の52という数字に比べると大きく増えてはいないが、 今シーズンは、気になる内野手のエラーが多かったように見える。 打撃の調子が上がっていたからこそ残念でしかたないのですが、 今宮のエラーがあまりにも痛恨。 その後に、牧原がゲッツーを取れないのも、優勝を狙うチームとしては貧弱。 さらに、ダブルスチールに対応できなかったプレーで、今シーズンは終わった...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました