強すぎ!12連勝!優勝マジック「4」

周東

スポンサーリンク
ホークス

西武戦8-1 12連勝は、グラシアルと周東の貢献大

怖いくらい強い!ここ数試合、中盤で競り勝つと、そのまま大量得点でぶっちぎって勝ってしまう。先発も中継ぎも調子がよく、チーム防御率が、3.00にもなった。普通にこの防御率なら、エースにもなれる数字。これが、チーム防御率というのがすごすぎる。その上で、7試合連続盗塁周東と7試合連続打点のグラシアルが打撃面で引っ張ってくれる。投打ともに段違いの戦力差を相手に見せつけていると思う。対してロッテはガタガタに...
ホークス

周東の話題で持ちきり

2点ビハインドになった次の攻撃で、セーフティーバントを決めるところから、素晴らしい周東のプレーが始まったのですが、負けているのに2盗ましてや3盗を試みるのは定石ではない。それでも、決めきって大チャンスを作り、ワイルドピッチを誘って、ホームにまで帰ってきてしまうのはすごすぎる。定石では計れない、異次元の俊足プレーヤーだ。4安打3盗塁という活躍は、ファミスタのピノしか思いつかない。打率もどんどん上がっ...
ホークス

打撃覚醒?周東が1番打者として成長

7試合連続で先頭バッターとして起用された周東が、いつのまにか、真に先頭バッターにふさわしい打者だからという理由で起用されいている。 最近打率が上がっているなと思っていたら、9月の月間打率はチーム唯一の3割越え。 得点圏打率が低いことは課題だったが、今日はランナーを二人置いて見事な3ラン。 腕をうまくたたんでの完ぺきな一打に、技術向上の姿を見てとれた。 1番バッターとして打席...
ホークス

ロッテ戦2-4 7回の周東、ロッテベンチの思惑どおりに

今日のロッテは増田を使えず、7回の継投に付け入る隙がありました。 その7回に、ランナーをためて一打同点のチャンスで周東。 しかしロッテは、易々とスカウティングどおりに攻めてきて抑えてきます。 小野を周東にあて、ストライクはすべてストレート勝負。 2ストライク目の甘いストレートに、バットを当てられず、思い切りボール下を空振ったときに、3連敗の覚悟を決めましたね。 3試合...
ホークス

ロッテ戦2-2 周東、和田に負ける

2-2の同点で、リリーバー勝負となった僅差のゲーム。 先発の防御率は並でも、抑え投手の数字はリーグの中で随一なホークスは、こういうゲームを多く作って、粘り強く勝ちを拾う試合を重ねていきたいものだ。 ここのところ調子の良い唐川がビュンビュン投げ込んでいた6回、 フォークがめちゃくちゃ甘く高く入ってきた絶好球を松田が捉えるもフェンス前で失速。 あれをスタンドまで持っていけないとなると相当厳しい...
ホークス

周東 ショート今宮のバックアップに

今日の紅白戦で、ショートとして出場した周東が、きっちり守備をこなし、打撃でもアピールできていた事が大きい。 今宮を超えるレギュラーになるための壁は厚いが、 今宮もどこか故障を抱え、フルイニングの出場ができない。 周東が、ゲーム終盤で代走として試合をかき回し、 そのままま守ってくれると起用法に幅が出てきそう。 そして、今日で練習試合も終了! いよいよ始まる対外試合が楽しみです。 ・ソフトバ...
ホークス

周東 良いもの見せてくれるぜ。ランニングホームラン

まず、センターオーバーという当たりの強さ。打撃を強化してきた成果がこの打球に現れています。フェンスに跳ね返って時間がかかるのではなく、フェンス近くに留まって少しだけ処理が難しくなります。この打球を見た周東は、スピードを緩めない!塁間を走るスピードは全く落ちず、そのままホームイン。というか、余裕でのランニングホームランなんだけど。すげーよ、この脚力は。・ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホ...
ホークス

周東 おもしろくなってきたやん

本人が、セカンドの守備はまだまだだけど、打撃は上がってきたと言っていたのですが、 それは本当のことだったのかもしれません。 オープン戦の初戦で結果を出すと、印象良いよね。 先制3ランを含む計3安打という結果は、稲葉監督をも悩ますことに。 プレミア12のロースター28名に対して、五輪は24名なので、周東のメンバー入りは厳しいと思っていました。 しかも菊地も国内残留しまし...
ホークス

周東 反則

2アウトなのに目の前を通り過ぎるランナーにタッチにいってしまう野手の判断ミスだが、 目の前にランナーがいるんだからそっちにいってしまうのも仕方ない。 しかし、ものすごいスピードで通り抜け、タッチできない! スライディングも激早! これはもう、マンガの世界。 周東を連れてきた、首脳陣がまずファインプレー。 そして、その前の3盗を決めきった周東は神。 ・ソフトバンクホークスブログラン...
ホークス

甲斐野・周東 難しい仕事をさせられてるな

互いに一線級の選手がでていないとはいえ、国際試合はやはり面白い。 ベネズエラ戦の逆転は、8回に投げた甲斐野がサクッと3者凡退に抑えたことで、流れを導けたね。 その裏で逆転のホームを踏んだのは周東。 2塁への盗塁というより役目でなく、終盤での逆転のホームインを目指させるという難しい役目を担わされているなと感じました。 3番に据えた近藤が、ことごとく出塁してチャンスメークできたことにつながった...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました