スポンサーリンク
アビスパ

みんなで選んだ10月のアビスパMVPは前川

たくさんの投票をいただきありがとうございました。 タイガーショットと呼ばれたスーパーなロングシュートもあった前川が月間MVPに選ばれました。 シーズン前半は、チームとかみ合っていない感じがしましたが、だんだんと彼の突破力が活きる試合が増えてきて、石津の代わりを十分に努めていると思います。 まだ若い選手ですので伸びしろも大きそう。来年も期限付き移籍が延長されることを望んでいます。 ・アビ...
アビスパ

アビスパ 長谷部監督を引き抜き、出直しを図る

ペッキアの失敗で、フロントには明確な方針があったと思う。 ・日本人監督であること ・守備を立て直せる堅実派であること ・J2のサッカーを分かっていること こういう方針であったならば、長谷部監督は、かなり有効な人選だと思う。 水戸は、彼に率いられて最高順位まで持っていけたし、実績も十分だ。 というか、水戸からの完全な引き抜きを実現してくれたフロントは、ファインプレーだと思う。 さらに、...
アビスパ

鹿児島戦 2-1 城後らしい得点、ラストの4バック

知った顔がが多くいる鹿児島を相手にして、厳しい結果を与えることになってしまった最終戦。 落ちる落ちないのドキドキを感じながらのゲームでしたが、この緊張感をJ1に上がるために感じたかった。 それにしても、城後の先制点は彼らしいものだった。 實藤の鋭いクロスに対して、相手DFと競りながらもちゃんと枠内に入れていける。 前半は城後のみで、後半は高さもあり守備もする外国人CFで戦えたら、もっと得点...
アビスパ

最終戦は、前を向いたプレーにこだわって欲しい

前節で、前川がブチ切れて蹴ったバックパス。 これがわざとだったのか、パスミスだったのかはどちらでも良く、 このプレーについて、選手同士が怒って、震い立たせるようなチームの土壌がなかったことが一番腹立たしい。 監督からも何も言及がなく、自浄作用もないのかとさえ思えた。 明日は、戦力が拮抗した相手だ。 だから、絶対に逃げるプレーを見せて欲しくない。 監督もボランチが下がりすぎず、縦のパス回...
アビスパ

久藤監督退任に思う

とんずら監督の後を継ぎ、目の前のことを処理するしかない、窮屈な采配しかできなかったと思う。 ただ、この火事場を引き受けてくれたことには感謝しかない。 それにしても、自分のアイデンティティを感じさせない監督だった。 なにを工夫したいのかはっきり分からず、自分の意見もはっきり表明しない。 受け答えが無気力に見え、モチベーターとなる指導者でもなさそう。 ワクワクさせる監督でなかったので、率直に...
アビスパ

アビスパユース出身の東家が内定

J2下位のクラブからの誘いを受けてくれた東家に感謝。 新人の誰からも決めてもらえないと思いこんでいたので、テンションが上がる。 福岡の街とクラブが好きな選手が増えて欲しい。 東海リーグ得点王の成果を持って、アビスパで大きく育って飛躍を。 (同じ日にギラヴァンツも代表歴があるいい選手を取ったみたい。 負けられないな。) ・アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。
ホークス

現役ドラフトでホークスから流出しそうな選手

先に始まっているMLBでの現役ドラフト制度では、主に以下の事項がルールになっている。 ・40人枠に入っていない選手 ・完全ウェーバー指名 ・高卒5年目 大卒社会人4年目以上 ・1人につき元球団に1000万払う ・翌年全ての試合で1軍登録 選手に出場機会を与えるための制度ですけど、このルールだと、NPBには沿わない感じで、このまま採用されそうにない。 1000万という保証金がやたら安...
ホークス

松田という男は、プロの中のプロ

サムライジャパンの中で最年長として呼ばれた松田は、先輩風など全く吹かさず チームの盛り上げ役として大いに貢献。 決勝戦では、スタメンから外れてしまったが、 率先して声を出し、ヒットが出ると、ベンチで一番声を出していた。 いい意味でバカを演じて、頭の中はクール。 休みたい時期なのに、日本の野球界のためにと一肌脱ぐ姿勢は本当に立派。 稲葉監督が、スタメンを外したことになり、申し訳ないと言っ...
ホークス

世界一のセットアップを支えたルーキー甲斐野

決勝戦の先発が山口かと、少し人材不足を気にしながら観戦を始め、初回からあの乱調ぶりを見せられたらときには、どうなることかと思いましたが、高橋礼が見事に、試合の流れを引き戻してくれました。大会を通して目立ったのは、日本の7回からの鉄壁のリリーフ陣。今日も甲斐野は無失点で締め、大会で投げた5試合で被安打無し!素晴らしかったと思います。松田は、さすがに疲れが出てしまったようですが、ホークスの選手はみんな...
アビスパ

金沢戦 0-2 選手の気持ちが切れているのをはっきり感じた

前半13分、よく見ていた加藤から、裏を抜けた城後にパス。パスのバウンドも絶妙だったのに、これを決めきれず、その後はまとまりの無い試合になってしまった。見てるこちらの気持ちも引いてしまったのは、前川がブチ切れたシーン。ボランチすら最終ラインまで引き込まれているので、選手の位置が後ろすぎる。中盤の運動量が少なく、サイドに当ててクロスの一辺倒。次第にそのパス交換の距離が遠くなりパスミスも連発。おまけに、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました