琉球戦3-1デューク東郷のようなグティエレス

アビスパ
スポンサーリンク

前とサロモンソンをベンチに入れずに、勝ち点3をもぎ取った試合であることに、まずもって価値がある。

今シーズンの傾向どおりで、相手が4バックだと、中盤の競り合いでセカンドボール拾えていて、縦の攻撃回数を増やせていた。

山岸の2得点。本人はあえて語っていなかったが、相当にほっとしたはず。

1得点目はハンドの見逃し。2得点目は、遠野のパススピードとタイミングがすばらしく、

いろいろラッキーな面もあったかと思う。

前半6分のビックチャンスで決め切きれなかったところなどにも、不満は残る。

長崎が、エジガル・ジュニオを獲得して、ブーストしている状況だからこそ、山岸の活躍具合が、昇格レースに大きな意味を持っているはずだ。

それと、グティエレスの守備が光っていた。

派手さはないのだが、堅実に90分プレーできる選手。

風貌がどこかゴルゴ13の東郷に似ていて、死角を感じさせない鋭い守備だと、個人的に感じている。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました