甲府戦 0-2 怖さゼロの攻撃・・

アビスパ

こんな見所がないゲームがあって良いのだろうか?

サイドの選手が何も違いを作れず、相手を脅かす展開を作れない。

ボランチからの一か八かのパスも前半に数本あっただけ。

ほとんど横パスで、攻撃の形すら作れない。

最近ずーっと後半にやられてるけど、この対策は無いのか。

相手をどうやって崩しにかかるのか、チームとしての決まり事がないから、

松田を途中に入れたって、何もゲームの流れは変わらない。

ちなみに自分は、残留決定という言葉が大嫌いだ。

ゲーム終了後に選手がそう言うのも、持つべき目標を見失っているようで、いやな気持ちになる。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }