日本S 巨人戦 4-3 広いストライクゾーン、グラシアルの選球眼

ホークス

満を持して登板させた菅野は、力強さが無かった。

ただ、制球力は抜群。

左バッターのインコース低めに、きちんとスライダーを投げ入れるコントロールがすごすぎた。

しかも、今日の球審のストライクゾーンの幅が広かったので、菅野のコントロールピッチが効きまくり。

かなり苦労したとおもいます。

それでも、今の好調ホークス打線は違う。

少ないチャンスがグラシアルに回ってくると、彼の選球眼が光りました。

外に逃げるボールをギリギリで2球見逃すと、ボールにならないところに投げ込まれた同じアウトコースの球をきれいに合わせて一発。

あそこで、見極められる力を持つグラシアルってすごいなと思いましたね。

和田が4回ではなく5回まで投げてくれたので、セットアップもなんとかなるかなと見てましたが、

スアレスがまずかった。単調な内容では、厳しい。

石川を連投させられないことが、試合を難しくさせる。

しかしゲームの流れのなかで、追い込まれてもなんとかできるのが、ホークスのブルペン陣。

堅実な守備、そしてチャンスをモノにできる選手層。

そういったものが、最後まで優位に試合を進めることができての4連勝、そして3連覇だったと思います。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }