パ・リーグ6球団の手応え

ホークス

■西武
エースの菊池と100打点越えの浅村を一挙に失った戦力ダウンは、隠せない。

しかしながら、1番に入る金子と2番の源田のレベルは高く、オープン戦でも相変わらず打ちまくっていた中軸と相まって、山賊打線のすごさは去年と変わらないか。

去年11勝した榎田の離脱で、開幕早々から先発ローテーションに穴がありそう。

■ソフトバンク

打線の厚みはそう無いのに、中村晃の長期離脱がものすごく痛い。

松田・今宮らベテラン勢が去年同様落ち込んでしまうと、得点力が低い。

前半戦のサファテに期待できないが、新戦力の奥村や川原の活躍が期待できる。

■日ハム

バランスの良い投手陣に金子が加わってレベルアップ。

今年の金子の調子は良さそうで、カードの頭をエースがもぎ取りそう。

打線は、4割バッター 王柏融 の活躍如何によるか。

■オリックス

長所であった投手力も、金子と西が抜けて弱体化。

メキシコ4番のメセネスがどれだけ打てるかによるが、投打とも厳しい戦力に見える。

■楽天

則本の急激な劣化は、プロ野球ファンとしても心配。

浅村が孤軍奮闘となるのかが相乗効果をもたらすのかが注目。

■ロッテ

新戦力のバルガス・レアードに加え井上が、ラグーン効果で40本くらい打つとすごい打線に見えそう。

ただ同じくらいピッチャーも打たれることになり、荒れた試合を多く見ることになるか。

6球団で一番抑えも弱く、9回までどうなるか分からない。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }